男性を虜にする雰囲気

恋愛コラム

雰囲気も魅力の1つ

自分を表現するものとして、外見内面がありますが、雰囲気というのも「自分らしさ」を表現する1つです。また、雰囲気がいい女性は外見内面も自然と輝いて見えるものです。

雰囲気には、その人特有の自然にでてるものと思われますが、自分の表現次第で変えられるものです。

その雰囲気を説明していきたいと思います。

男性に好かれる雰囲気の種類

男性に好かれる雰囲気とは、どのようなものをいうのでしょうか?雰囲気というのは、外見、内面から出る、フェロモンみたいなものです。

これはあまり意図的に出したりするものではありませんが、自分自身の表現で雰囲気が変わる、変えられるのも1つの特徴であり、その人の表情であったり、服装であったり、性格であったりと様々なことから雰囲気というものはあるものです。

例えば、いつも上を向き笑顔で白いものなどを着用している人の雰囲気であると明るく感じますよね?逆に下を向き無愛想で黒いものなどを着用している人は暗い雰囲気を感じます。

このように雰囲気とは色々とありますが、その中で男性を虜にするような雰囲気はどんな雰囲気なのでしょうか。

ふわふわした雰囲気

まず男性が好きな雰囲気の1つとして、ふわふわしたような雰囲気があります。

ふわふわとは、天然のような守ってあげたくなるやわらかい雰囲気です。こちらの雰囲気を持つ女性は、自分の表現ではなく、自然にでてる人が多いですね。

このような雰囲気は外見より内面からでるもので、性格が大人しかったり、天然ぽいところがある女性が当てはまると思います。こちらは男性はやわかいところから守ってあげたくなる気持ちと、ふわふわした感じが可愛いと感じ、好きだという男性が多いです。

元気いっぱいの雰囲気

明るく笑顔で、元気いっぱいの人は誰からも好かれますよね?笑顔が素敵な人は輝いて見えます。そんな雰囲気は、男性からでもなく同性からも好かれます。

こちらも内面からでるもので、プラス思考で、人当たりが良く、日々充実している人がでやすい雰囲気です。

元気いっぱいの雰囲気は、誰しも出せるものでもあります。プラス思考を持ち、いつも笑顔で明るく人と接することを心掛ければ自然とそのような雰囲気がでて、周りの人からそう感じられるようになります。

性別問わず好かれるこの雰囲気は、気持ちの持ちようで誰しも出せるものなので、気持ちを明るく日々過ごすことを意識してみるといいでしょう。

色気がある雰囲気

今まで内面からでる雰囲気を紹介してきましたが、色気がある雰囲気は外見からでることが多いです。メイク、髪型、服装、香りなどなど、そういったことから出せる雰囲気ですね。

いつの時代も男性はこの色気というものに敏感なもの。人を引き寄せる魅力があるのもこちらの雰囲気です。「綺麗でありたい」とみなさん外見は気にしてる人が多いと思いますが、全面に色気がでるようにと気にする人は少ないですよね。なぜなら色気を出しすぎてしまうと、同性からの印象が悪くなるからです。日本人はお国柄、貞操というのを昔から気にします。これを気にする人が多いため、前面に色気を出し、男性を魅了する人は嫌われたりひかれてしまうことが多いのです。

ただ、ほど良く色気を出せる人はとてもよくモテます!色気がある雰囲気に憧れる人は、ほど良く出すことをオススメします。

クールで冷たそうな雰囲気

冷たそうな雰囲気の人はモテないんじゃないのか?と思いますが、クールで冷たそうな雰囲気の人は、実は見た目とは裏腹に情に厚く、美人な人が多いです。

なぜか美人の人は冷たく見られてしまうことが多いですが、その人自身はまったくそんなつもりがないというのが多数です。男性は話しかけづらいと印象を持ってしまいますが、一度話しかけて仲良くなってみると、「実はこんなにいい人」といいギャップを感じます。そのギャップがもともとあるその人の魅力をさらに引き出すということです。

こちらは上記3つの雰囲気とはまた違う意味での男性に好かれる雰囲気ですが、わかる人はわかってくれて、好きになる雰囲気の1つと言えますね。

意識することは自分らしく

色々な雰囲気を紹介していましたが、内面や外見からでるものを無理矢理取り繕うのではなく、自然にでる雰囲気を自分のものにしましょう!性格や見た目が違うのは人それぞれ必ずあるものです。それは自分の短所であり長所でもある訳です。「自分らしさ」を意識すると、きっと自分の雰囲気も相手に伝わります。

紹介した雰囲気以外にもまだまだ色々な雰囲気があると思いますが、「自然に自分らしく」を忘れず、男性と接してみてください。

本サイトでは優良なおすすめ恋活・婚活サイトを紹介していますので、是非試しにでも「自然に自分らしく」いい出会いを見つけてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

コメント