もうすぐバレンタイン!バレンタインにチョコと共に「想い」を送る

スポンサーリンク
恋愛コラム

チョコと共に想いを

毎年やってくるバレンタインですが、やはりバレンタインが近づいてくるとそれだけでドキドキワクワクとしてしまうものです。これは女性だけではなく、男性にも言えることでしょう。バレンタインをきっかけにしたいという女性も多いかと思いますが、バレンタインというのはただチョコを渡せばいいというものではありません。チョコと共に「想い」を送らなければいけません。それでこそバレンタインなのです。

バレンタインのチョコは手作り以外で!

先でも触れましたが、バレンタインというのはチョコを渡せばいいというものではありません。チョコと共に「想い」を送る必要があります。チョコと共に「想い」を送るといったときに、多くの女性が手作りチョコを思い浮かべるのではないでしょうか?

確かに、かつてはチョコに限らず手作りの品というだけで想いがこもっていると好意的に受け取られていたものです。しかしながら、これは昔の話と言えるでしょう。というのも、今はチョコを含めて手作りの品というのはあまり喜ばれないのです。

潔癖気味の人が増えている

手作りチョコを避けたほうがいい理由としては、潔癖気味の方が増えているということが挙げられます。潔癖症とまではいかないまでも、最近ではおにぎりを食べられないという方も増えてきています。要は、人の手で作られたもの、直接人が触れているものに抵抗があるという方が増えているのです。

手作りチョコというのは直接手で触れて作ることになりますし、心配性の方にしてみれば何か異物が入っているのではないかという不安も出てくるのです。もちろん、気にしないという方もいるのですが、昔に比べると手作りの品をおすそ分けするといった機会も減っていますし、時代には合わなくなりつつあると言えるのかもしれません。

重すぎると思われる可能性も

かつては手作りだからこそ想いが伝わるという部分もあったかと思うのですが、今の時代は手作りだと重すぎると思われる可能性もあります。もちろん、手作りをしたからといってその女性が重いとは限りません。むしろ、ノリが軽いタイプの女性である可能性もあります。ただ、受け取る側の男性はそう思わないかもしれません。

かなり極端な話になってしまいますが、手作りチョコで重すぎると思われてしまうと「束縛されるのではないか」「ストーカーになるのではないか」といった具合に男性の中でよくない想像が広がっていく可能性が出てくるのです。結局のところは先入観なのですが、特に今の時代はチョコを含めて手作りの品は重たいと考える男性が増えているのでこういったリスクがどうしても出てくるのです。

「想い」を送るならチョコに手紙を添えて

「想い」を送るためにチョコを手作りする予定だった女性にとっては、手作りチョコ以外と言われると「じゃあどうしたらいいの……?」と途方に暮れてしまう部分もあるでしょう。答えはとてもシンプルで、チョコは既製品でいいのです。既製品のチョコに手紙を添えるだけで、しっかりと「想い」を送ることができます。

既製品のチョコは相手がプレッシャーを感じないものに

既製品のチョコにもいろいろなものがあります。バレンタインが近づいてくるとさまざまなチョコが並ぶようになりますが、中には「想い」を送るために奮発しようと考える方もいるかもしれません。ただ、奮発してお高いチョコを買ってしまうのはあまり得策ではありません。

というのも、男性はどうしたってチョコを受け取るのと同時にホワイトデーのお返しを考えるからです。お高いチョコを選んでしまうと、それだけ男性にプレッシャーを与えてしまうのです。見た目がきちんとしていて、ほどほどの価格帯のチョコを選ぶと男性も安心して受け取ることができるでしょう。

手紙は長くならないように

既製品のチョコであっても手紙を添えることによって「想い」を送ることができるのですが、だからといって長々とした手紙を書くのはあまり好ましくありません。やはり簡潔にまとめるのがいいでしょう。

また、手紙では告白をしないようにします。では手紙に何を書けばいいのかというと、男性への気遣いや感謝、そして男性がOKしてくれそうなお誘いです。例えば、「いつもお仕事お疲れ様です。先日はミスをフォローしてくれてありがとうごさいました。もしよかったら、今度ふたりで食事に行きませんか?」といった具合です。

バレンタインのチョコですべてを決めるのではなく、バレンタインのチョコをきっかけに仲を進展させるという風に考えていきましょう。

コメント